人材マネジメント方針の設計

人材マネジメント方針は等級制度・評価制度・報酬制度のカナメになります。人材マネジメント方針を決めるにあたっては、以下の3つの視点を考えていきます。

  • 経営理念(どうありたいか)
  • 競争優位性・経営戦略(何を強みに勝つか)
  • 現場の声・現状の課題(どうしてほしいか)
経営戦略とつなげて考える

人事は経営戦略の一環です。ついつい「世間の流行」や「現場最適」を意識してしまいますが、「経営戦略はどう立案されているのか?」「戦略を踏まえると、どのような人事制度を設計すべきなのか?」と考え、経営戦略と人事制度を連動させなければ意味がありません。

人事制度設計

経営理念や経営戦略と連動した人事制度

賃金制度や評価制度の設計では「合理性」だけを追求するのではなく、「現場の社員が理解し、納得できるものか?」「簡便に運用できるのか?」といった実用面も考慮していきます。

労働トラブル「事例と対策」

労働トラブル「事例と対策」– 労働相談は社労士法人アイプラスへ

労働トラブルの「具体的な対応策」を知りたい経営者・人事担当者様に向けて、トラブル事例と具体的な対応策を紹介しています。当社は10年間で5千件以上の相談実績をもとに、法的な正確性だけでなく、経済合理性も踏まえた「経営層として知りたい」情報と解決策を提案しています。