等級制度とは特定の基準により区分して管理・処遇していくための制度です。どのような切り口で優劣をつけるかで、従業員に伝わるメッセージは異なってきます。

等級制度(グレード制度)の設計

1
どのような雇われ方があるのか?(雇用区分の整理)

正社員・契約社員といった雇用の区分の仕方を検討していきます。

2
どのような就労の制限が存在するのか(就労制限の検討/専門職等の設定)

総合職/一般職、全国社員/地域限定社員、管理職/非管理職の区分を検討していきます。また、昇格における専門職コースの扱いの要否とその基準を検討していきます。

3
職種の数をどの程度とするか?(職種の区分の設定)

どのような職種を設定するのか、職種の数とその定義を検討していきます。

4
どの程度の等級の数を用意するか(職種ごとの等級の設定)

上記決定事項を踏まえ、どの程度の粒度感で等級を設定するかを検討していきます。

5
どのように運用するか(等級の変更ルールの設定)

いつ何をもとに、等級の変更を行うのか変更ルールを設定します。

人事制度設計

経営理念や経営戦略と連動した人事制度

賃金制度や評価制度の設計では「合理性」だけを追求するのではなく、「現場の社員が理解し、納得できるものか?」「簡便に運用できるのか?」といった実用面も考慮していきます。

労働トラブル「事例と対策」

労働トラブル「事例と対策」– 労働相談は社労士法人アイプラスへ

労働トラブルの「具体的な対応策」を知りたい経営者・人事担当者様に向けて、トラブル事例と具体的な対応策を紹介しています。当社は10年間で5千件以上の相談実績をもとに、法的な正確性だけでなく、経済合理性も踏まえた「経営層として知りたい」情報と解決策を提案しています。