「背中を押す」フォローアップ

人事制度を導入した場合や、「ありかた」研修を実施したとしても、企業風土の変革までには至りません。その後のフォローアップについてもサポートを行っております。

価値観の転換は簡単ではない

変革や改革や行動変容といった言葉は、言うは易しいことで、実践することは難しいということは誰もが理解しています。しかし、価値観を変えることや、日々の働き方を変えること、新しいやり方の技術を習得するまでのサポートを行っているコンサルティングサービスが必ずしも多い訳ではありません。

私たちの使命は「背中を押すこと」であり、経営理念にも「人と人をつなぐ」ことを掲げています。これは、立場、世代の違いなどをつなぐ他に、「過去の自分と未来の自分」をつなぐことも含まれています。

サポートのやり方についても単なる相談対応ではなく、教育研修・アセスメントなど様々な手法を用いて多角的に支援しております。

「ありかた」の実現に向けた支援例

評価制度 ~評価力・目標設定力の向上

評価制度を導入したとしても、正しい目標設定や、正しい評価をできなければ、評価される側の納得感も生まれませんし、設計当初考えていた「ありかた」に変容することもありません。

目標の作り方は、きちんと評価できる内容になっているのかを添削したり、評価のすり合わせ会議への同席など、評価の運用力を高める支援をしています。

アセスメント:360度評価(多面評価)

研修に参加した幹部社員が行動を変えたとしても、現場のメンバーが「あの上司は変わったね!」と感じてもらうことが必要です。

多面評価を行うことで、幹部社員自身が思っている変化と、同僚・他部署のメンバー・部下がどのように感じているのかのギャップを確認していき、次の挑戦に向けた内省をうながしています。

アセスメント:従業員満足度調査/顧客満足度調査

新しい人事制度や会社の理念・クレドを導入したのちに、職場で働く社員や取引先の変化に対する感じ方をアセスメントしていきます。

あわせて知りたい

「ありかた」ワークショップ

「自社のあるべき」を考える職場学習

これまでの経験や判断を内省し、「ありかた」にまで立ち返り、これからの自社/部門のあるべき姿を発見・共有する研修です。

労働トラブル「事例と対策」

労働トラブル「事例と対策」– 労働相談は社労士法人アイプラスへ

労働トラブルの「具体的な対応策」を知りたい経営者・人事担当者様に向けて、トラブル事例と具体的な対応策を紹介しています。当社は10年間で5千件以上の相談実績をもとに、法的な正確性だけでなく、経済合理性も踏まえた「経営層として知りたい」情報と解決策を提案しています。